江夏 21球 なんj


草 . なんJ まとめブログ ... グラブジャブー なんJまとめブログ. 近年でも薬物逮捕騒動が出る度に比較対象に挙げられている。 投稿日 2021年2月21日 08:42:55 (mlb news@なんj) 田中マーが中田に3ラン喰らって騒がれてるけど 投稿日 2021年2月21日 07:44:20 (MLB NEWS@なんJ) 08 20 2017 「藤浪の161球」「相内の109kmカーブ」「江夏の52g」 ... NHK特集 江夏の21球 [DVD] ドキュメンタリー by G-Tools: Tweet 08 20, 2017. 江夏豊といえば、日本のプロ野球史において抑え投手の草分けとも言える大投手である。彼のその球歴については個別記事を参照されたい。 前年の78年に自身3チーム目となる広島に入団した江夏は、リリーフエースとして活躍。移籍2年目となる79年には9勝5敗22セーブという成績をマークし、自身2度目のセーブ王に輝くとともにチームを2度目のリーグ制覇へと導いた。その活躍が認められ、抑え投手としては初めてシーズンMVPに輝いたのもこの年であった。そんな79年のプロ野球を締めくくるプレーと … !」(「山際淳司・江夏の21球物語」、1999年9月19日放送)として放送された。, 1979年11月4日に大阪球場で行われた近鉄バファローズ対広島東洋カープの9回裏の攻防である[注釈 1][1]。広島、近鉄ともに3勝3敗で最終戦を迎えたこの日は雨が降る中で試合が進み、7回表終了時点で3対4と広島がリードしていた。勝てば球団史上初の日本一となる広島の古葉竹織監督は万全を期すため、絶対的なリリーフエースの江夏豊を7回裏から登板させていた。, 9回裏の近鉄の攻撃を迎えるが、広島と同じく球団史上初の日本一を目指す近鉄もただでは終わらず、先頭の6番打者・羽田耕一が初球を打って出塁し、にわかに場面は緊迫する。以下は、この9回裏に江夏が投じた全21球とそれに伴う試合の様子である[1]。, 表面的な事実としては上記の通りだが、山際は江夏本人へ長時間にわたってインタビューするなど、単なる投打以外に発生していた駆け引きなどを取材し、それらを総合して一つの作品にまとめたのが「ノンフィクション『江夏の21球』」である。山際自身は野球にあまり詳しくなかったというが、「傑作を作るためには妥協しない」という思いを正面からぶつけ、結果的には江夏本人に「スポーツノンフィクションのジャンルを確立した印象的な作品」と言わせるほどの作品に仕上がった[3]。具体的には、以下のような場面が描かれる。, 1球目、江夏は先頭の羽田耕一が「慎重に攻めてくる」と考え、初球から外角へ速球を投じてストライクを取りに行ったが、羽田はそれをセンター前へ打って出塁した。羽田は初球からストレートを狙っており、「直球が来たら何でも振ってやろう」と思っていたという。江夏は第3戦での対戦(結果は飛球)を基に羽田の力量を軽視していた部分があり、この安打を「痛かった」と述べている。江夏自身も手を抜いたわけでは無いが、相手打者に初球を狙われる傾向があり、実際にそのシーズンに浴びだ10被本塁打のうち7本が初球を打たれたもので、しかも長距離打者ではないタイプに打たれたと述べている[4]。, 藤瀬史朗の盗塁は傍目には単独スチールと映ったため、ネット裏で観戦していた野村はこの場面でのスチールを「えらい冒険」と表現し、「石橋を叩いても渡らない」ほどの慎重な西本の性格からすると作戦的に邪道に見えると述べている。しかし、この盗塁はヒットエンドランだったのをクリス・アーノルドが見落としていたため、結果的に「藤瀬の盗塁」になったものである。俊足の藤瀬だが、ヒットエンドランの場合は作戦の露見を防ぐために通常の盗塁よりスタートを遅らせるため、藤瀬は走り出してからアーノルドがサインを見落としたことに気付き、その瞬間に二塁でアウトになることを覚悟したという。水沼の二塁送球は完全にアウトのタイミングだったが、送球がワンバウンドとなってセンターへ抜けてしまったために藤瀬は三塁まで到達し、ヒットエンドランの作戦は失敗したものの無死三塁という一打同点の可能性が広まったことで、西本はベンチで苦笑いを浮かべていた。当の西本自身も試合後、「あの場面でスチールが無いのは当然。ヒットエンドランのサインだった」と認めている[5]。, 一方、江夏側はこのアーノルドとの対戦に際し、近鉄側が何かを仕掛けてくると察知していた。だが、江夏は藤瀬の走塁は構わないと考え、それよりアーノルドとの対戦に集中しようと考えていた。それは、第2戦でも同様に藤瀬をランナーに背負った場面があり、その際に両者とも抑えようと気負った結果、チャーリー・マニエルに打たれた経験があったからである。ただ、アーノルドは空振りが多いことからヒットエンドランは無いと考えていた[6]。, 江夏が6球目にアーノルドへ四球を与えた後、広島の古葉竹織監督は内野陣に前進守備を指示した。通例であれば代走・吹石徳一の二盗を防ぐために守備を下げるところだが、緩い内野ゴロを打った際に三走・藤瀬が本塁に突入する危険があったため、「同点にされたら負ける」と考えた古葉は、1点たりとも与えない狙いの元、吹石の盗塁覚悟で前進守備を選択した。ネット裏の野村の目には、この前進守備はサヨナラの可能性を増大させる危険な選択として映った[7]。これと同時に、古葉は北別府にブルペンへ向かわせ、既に池谷公二郎が投球練習を開始していた。ブルペンが動くとは思わなかった江夏は「オレはまだ完全に信頼されていないのか」と内心で憤り、「ここで変えられるくらいならユニフォームを脱いでもいい」とまで思ったという[8]。古葉はこの采配を、同点延長になって江夏に代打を送った後の守備(当時の日本シリーズには指名打者制を採用していなかった)を考慮したため[注釈 3]と後に語っており、江夏の心情までは考えなかったとしている[9]。, 7球目で江夏は、スクイズを警戒して高めに外した。次の8球目では膝元へ落ちるカーブを投げ、外れてボールになったが平野光泰がハーフスイングを取られてストライクとなり、江夏は「このボール(カーブ)はいける」と思ったという。このカーブはフォークと呼ばれることもあるが、江夏はプロ野球投手としては指が短く、しっかりとしたフォークは投げられないとしていた。一方の平野はこの7球目、8球目を見て江夏が動揺し、制球が乱れていると考えた。江夏は確かに動揺していたがそれは前述にある自軍のベンチに対するもので、平野や走者に対する動揺では無かった[10]。次の9球目で吹石が盗塁し、平野との勝負は中断するが、広島は前進守備を敷いていたため、「予定通り」の盗塁だった[11]。, 11球目に敬遠となって無死満塁となり、江夏は失点と敗戦を覚悟した。そこで江夏は開き直り、次打者の佐々木恭介に対しては押し出しや犠牲フライなどのような中途半端な結果になることを嫌い、「打てるものなら打ってみろ」という強気の投球を展開した。これが江夏を始め広島側にとって完璧な組み立てとなり、一方の西本は無死満塁という絶好の機会に勝ちを確信してしまい、逆に落ち着きを失っていた[12]。佐々木への初球(12球目)はバットを出しかけたが止め、江夏は打ちに来ている、つまりスクイズは無いことがわかった。さらに江夏は、佐々木が狙い球をカーブに変えたことを読み、13球目に外角へ直球を投げた。これを佐々木は見逃してストライクとなった[13]。, 14球目に佐々木が三塁線へ際どいファウルを打った。見る角度によってはヒットに見えたため、近鉄は勝利と思い一塁ベンチに紙吹雪が舞った。しかし江夏は、「あのコース(内角ベルト付近)を引っ張っても絶対ヒットにならない。ファウルか内野ゴロか」と確信しており、全く慌てなかったという。観戦していた野村も「カウント稼ぎに振らされた」と分析し、全く驚かなかったという[14]。この直後、一塁・衣笠祥雄が江夏の元へ向かい、「オレもお前も同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなんて気にするな」と声を掛けたという。江夏はこれについて、自分が打たれて衣笠が辞めるのは「考えてみればバカバカしい」としつつも、自分と同じ考えを持つチームメイトがいたことに「嬉しかった」「心強かった」とし、平静さと集中力を取り戻すことが出来たという。その直後、佐々木への勝負球として平野に投じた8球目(ハーフスイングを取られた膝元へ落ちるカーブ)を思い出し、実際に17球目に投じて佐々木を三振に打ち取っている[15]。, 野村によれば、15球目と16球目はウィニングショットとなった17球目のための布石であるという。15球目を胸元に「捨て球」として投じ、16球目は同じく「捨て球」として内角低めの直球、17球目に16球目と同じ軌道で打者近くでスッと落ちるカーブを投じたことで、佐々木の「目の錯覚」を利用して空振りを奪ったものである[16]。, 18球目、石渡茂は外角からのカーブに全く反応しなかったため、江夏はスクイズが来ることを確信した。第7戦に入って近鉄側のブロックサインはほぼ解読できたが、この場面ではスクイズのサインが出ていたかは分からなかったという[17]。三走の藤瀬によれば、スクイズの可能性があることは無死三塁の時点で言われており、実際に18球目にスクイズのサインが出たと言っている[18]。, この試合最大のターニングポイントとなった19球目は、江夏・石渡双方の証言の食い違いが白眉である。, 江夏はカーブの握りのまま投球してスクイズを外しており、これを「意図的に外した」と主張している。江夏の投球フォームには一旦、一塁側(近鉄側)を見てから投げる直前に打者を見る癖があるが、これは阪神時代に金田正一から教わったもので、こうすることで打者の呼吸を読み、その瞬間にボールを外すことが出来るという技術である。この19球目がまさに真骨頂で、ボールが手を離れる直前に石渡がバントの構えをするのが見えたため、握りを変える間もない咄嗟の判断でカーブの握りのまま外した。これは、石渡がこの打席でいつか必ずスクイズをしてくる確信があったからわかったのかもしれないとしているほか、捕手の水沼が三走・藤瀬の動きを見て立ったのが見えたという(江夏は左投げのため、三走は投球時に死角となる)。江夏のカーブは2種類あり、この時に投げようとしたのは真上から投げ下ろすタイプのカーブだったため、直球に変えることの出来ない握りだった。, 一方の石渡は、江夏の投球が「偶然すっぽ抜けた」と考えており、この球をフォークボールと認識している。石渡は「バットに当てられない球では無かった」としながらも、スクイズは速球のタイミングに合わせてやるもので、本当に意図して外したのなら大変なことだとしている[19]。その石渡を三振に打ち取った21球目は、ウィニングショットとなった17球目と同じ、膝元へ落ちるカーブだった[20]。, 山際の作品を読んだ近鉄ファンの佐藤寿美報道ディレクターが企画を提出した。佐藤本人にスポーツの経験は無く、既に出版されているドキュメンタリーと同じ題材をNHK特集で取り上げることには反対論も根強かった。番組制作の条件として、部長からは「山際の作品を超えるものを作れ」と言われたという。, 制作にあたり、スポーツ番組の経験もなかった佐藤は、山際の「江夏の21球」を掲載した「Sports Graphic Number」編集長・岡崎満義へ相談に行き、岡崎と山際本人の協力も得て、事実上のNHKと「Sports Graphic Number」のコラボレーションで製作されたという[21]。そのため、番組のスタッフロールには「協力」として山際の名もクレジットされている。江夏へのインタビューは山際、岡崎、佐藤の3人が交代で担当して江夏に質問し、それに対して江夏が1球1球説明したために収録には8時間を要したという。ちなみに、江夏・山際・佐藤は同じ1948年生まれ、江夏と佐藤は同じショートホープを好んで吸っていた[注釈 4]という偶然もあって馬が合ったことも、番組制作の上で大きなプラスとなった[23]。, 当時の試合映像は、当日中継を行った毎日放送にも残っていなかった。NHK広島放送局の職員がたまたま録画していたビデオテープをロッカーにおいてあったものが見つかったが、これはニュースでダイジェスト用に使うために用意されたもので、実況は入っていなかった。そこで、ラジオで実況したNHKの島村俊治アナウンサー[注釈 5]が自身で録音していたテープがあり、ようやく素材が揃った。, 山際の文章では要所のみ加えられていた野村の解説を、独自性を出すために1球ごとに解説を加えるようにし、画面上にボールの軌跡を描くことを手作業で行った。また、スコアボードに代打・佐々木が表示される場面など、残された映像に無いシーンは実際に大阪球場で新規にロケ収録を行って補った。野村は冒頭の解説で「プロ野球は半世紀が流れていますけど、これ程の場面に出くわしたことはない。おそらくこれからも出るか出ないか分からないと思う。それぐらいの名場面が1979年の広島VS近鉄の日本シリーズじゃなかったかと思います」と話した。, 2010年10月には、NHKエンタープライズからDVDが発売されている。奇しくも佐藤はこのDVDの発売当時、NHKエンタープライズの常務取締役を務めており、発売後の2011年2月から2013年6月までは同社の社長を務めた。DVD化にあたり、番組内の音楽はOA版のヴァンゲリス(アルバム「天国と地獄」より)から全部差し替えられた。また、この作品がきっかけで山際とNHKの縁ができ、山際は1988年にはメジャーリーグ紹介番組「大リーグアワー」、晩年の1994年4月3日から1995年5月14日まで[注釈 6]NHKのスポーツ情報番組「サンデースポーツ」のキャスターを務めた。, 2018年10月28日、NHK総合「あの日あの時あの番組」でこの番組が再放送された。ゲストは江夏と大野豊(NHKプロ野球解説者)だった。 なんJスタジアム 江夏豊(年間401奪三振しました、オールスター9連続三振しました、21球投げました)←キャラ濃すぎやろ 2021年2月23日 Last-modified: 2021-02-25 (木) 07:06:00 . 「江夏の21球」(えなつのにじゅういっきゅう)は、山際淳司による短編ノンフィクション作品である。1979年11月4日の日本シリーズ第7戦(広島東洋カープ対近鉄バファローズ)において、江夏豊(広島東洋カープ)が9回裏に投じた全21球に焦点を当てている。 楽天イーグルスは球団創立以来初めてとなるクライマックスシリーズに進出し、第1ステージを突破してレギュラーシーズン1位である日本ハムファイターズの待つ札幌ドームへと乗り込んだ。 野村監督とのいざこざがあったトッド・リンデンも合流し、またニコニコ生放送でも試合が配信されるということで、注目度の高い試合となった。 試合が始まると、まず日本ハムが先制。しかしその後楽天が同点、勝ち越しと追加点を決め、7回の時点で1-6と楽天が大幅にリードしていた。 しかし8回には楽天先発 … http://number.bunshun.jp/articles/-/12218, 1993年9月2日、優勝争いの最中の延長15回に無死満塁で登板し、三者三振で切り抜ける, 2007年5月6日にマイケル中村が1-0の9回表に3四死球で作った無死満塁のピンチで登板し、, 2017年9月30日に先発した畠世周が、4球目で危険球退場し上記の山口の記録を更新。なお「二番打者相手に危険球」も最速タイ記録。, 翌年も近鉄との対戦となったが返り討ちにして連覇。セ・リーグ球団のシリーズ連覇は2020年現在これが最後である。1984年にも日本一になるがこれ以後4回出場したシリーズでは全て敗退しており、2020年現在12球団で最も日本一から遠ざかっている。, http://number.bunshun.jp/articles/-/12218. 江夏 豊(えなつ ゆたか、1948年 5月15日 - )は、兵庫県 尼崎市出身(奈良県 吉野郡生まれ )の元プロ野球選手(投手)、解説者・評論家・タレント。. 江夏としては、佐々木への6球以外はどうでもいい模様 14: 名無しさん@おーぷん 2017/04/04(火)10:53:35 ID:hfo 江夏凄いとかそういうことや無くてあの21球の中に色々なものが含まれていてストーリーとして面白いからやで なお工藤健策は自著「名将たちはなぜ失敗したか」の中で広島が近鉄のサインを盗んでいたと記述している。, 1993年3月2日、江夏は覚せい剤52gの所持容疑で現行犯逮捕される。1gですら大量と言われるものなので、使用目的ではなく販売目的であると見なされ、懲役2年4か月の実刑判決となった。 記事詳細 【田所龍一 虎番疾風録 Vol.49】江夏豊の21球…なんでスクイズ? 近鉄-広島の日本シリーズ(1979年) 2020年10月5日、NHK-BS1で再放送された。, 山際の「江夏の21球」では触れられていないが、後日になって登場人物が別の媒体に語ったエピソードに下記のものがある。, 江夏は、石渡に投じた19球目のカーブについて自著の中で、「あの球は水沼じゃなきゃ捕れなかった」と語っている。, 豊田泰光は、左投手の江夏からは三塁走者は見えないはずなので、とっさに外したというより偶然外れたのではないかと考えていたようで、石渡の引退後、豊田が「あれはすっぽ抜けではなかったのかなあ」というと、石渡が「そう思いますか?トヨさんも」と涙を流さんばかりにしていたと新聞のコラムに寄稿している。結果的にスクイズは失敗して近鉄は敗れたが、しかしスクイズを「外された」のか、偶然「外れたのか」のかは敗者にとって違いは大きいとしている[45]。豊田は続けて、1959年の天覧試合で長嶋茂雄に打たれたサヨナラ本塁打をあくまでも「ファウル」と主張する村山実と石渡とを重ね合わせて述懐している。, 逆に伊東勤は、西武時代に同じようなスクイズを仕掛けられた場面で、江夏が同じく瞬時に高めに投球コースを変えた経験から、この場面も江夏の意思で外したという確信を持っている[46][47]。, 捕手を務めた水沼は、江夏とスクイズの打ち合わせはしておらず(水沼は「もしタイムを取ったら、近鉄ベンチがスクイズのサインを出さないかも知れない」と考え、敢えて動かなかったと語っている[48])、三塁走者の藤瀬の姿が視界を動いたために咄嗟に身体が反応して立ち上がったものだったという。水沼は、カーブの握りでウエストボール[注釈 15]は江夏にしか投げられないだろうと語り、並の投手であれば捕手が急に立ち上がったら驚いて暴投やワンバウンドになっていただろうとしている[49]。また、江夏同様に水沼もスクイズを確信していたこと、藤瀬のスタートがあまりにも良かったために水沼が反応できたという要素もあった(藤瀬にしてみれば満塁のフォースプレイであるために早くスタートせざるを得ない状況でもあった)[50]。, この19球目については、工藤健策「名将たちはなぜ失敗したか」(草思社、ISBN 9784794212146)において、「広島ベンチが近鉄のサインを盗んでいたため、水沼は最初からスクイズだとわかっていた」という説が提唱されている(工藤は、古葉監督時代の広島においてはこういったサイン盗みが行われており、それが球界における古葉の評価を下げた原因だと主張している。ただし、当時はサイン盗みはどこの球団でも行っていた)。, しかし、山際の著書で藤瀬、NHK特集で石渡がいずれも「18球目の後にベンチからスクイズのサインが出た」と証言し、当の水沼自身も1球ごとに近鉄ベンチや石渡の様子を見てはいたが、スクイズのサインが出ていることには全く気付いておらず、また水沼は石渡がスクイズをやること自体は同じ大学の先輩・後輩で寮でも同室という関係で互いを熟知しているために見抜いてはいたが、「どのタイミングでスクイズをやるか」までは見抜けず、藤瀬がスタートを切った時に「『やばい、来た! 「江夏の21球の真実を知りたい」とか言うてな。 杉j 杉j たしかに“江夏の21球”は完全にピッチャー視点の物語ですからね。あのボールを受けていた水沼さん側からの話は、野球ファンであればみんな聞きたいですよ。 奥様 奥様 また江夏は「黒い霧事件」の際にも反社会的勢力との交流が原因で1973年に戒告を受けている。, Number WEB そこのくだり、今年7月に新書で出版された「江夏の21球」の 特別企画で山際淳司の息子と衣笠の対談で深いところをコメントしてたよ 読んでみて ; 22. 1979年の近鉄バファローズ対広島東洋カープの日本シリーズ第7戦で、江夏豊が9回裏に投じた投球数及び投球内容のこと。また作家・山際淳司によるノンフィクション作品のタイトル。, 日本一決定を目前に自ら無死満塁のピンチを招くが、無失点で切り抜けるという、今でも語られる名劇場の一つ。 広島民放カープ 2019年04月28日 12:36 なんjで100レス以上ついたおもしろスレッドを自動配信するサービス・メディアです。 江夏の21球wwwwwwwwwwwwww - なんJタイムス なんJタイムス 「江夏の21球」は、日本シリーズの最終戦で広島のピッチャー江夏豊が投じた21球の裏にある心理と智略を見事に描き出し、スポーツジャーナリズムに新しい可能性を拓いたのだ。 『江夏の21球』から引用してみたい。 〈 江夏は、三塁側、自分のベンチの動きも見逃すことがない。 池谷がピッチング練習を始めたのも見ている。 「江夏の21球」(えなつのにじゅういっきゅう)は、山際淳司による短編ノンフィクション作品である。1979年11月4日の日本シリーズ第7戦(広島東洋カープ対近鉄バファローズ)において、江夏豊(広島東洋カープ)が9回裏に投じた全21球に焦点を当てている。, 作品は「Sports Graphic Number」創刊号に掲載後、山際のエッセー集「スローカーブを、もう一球」(1981年、角川書店)に収録された。, 本項では、野村克也が解説を務めたテレビ番組「NHK特集・スポーツドキュメント『江夏の21球』」についても記述する。, 1979年の日本シリーズ第7戦において、9回裏に登板した江夏が自らピンチを招くも後続の打者を打ち取って日本一を決めた様子を収めた短編ノンフィクション作品である。1980年に文藝春秋から発行された「Sports Graphic Number」創刊号に掲載されたが、読者の反響が大きく、山際をスポーツノンフィクション作家として世に認めさせた作品である。また、ドキュメンタリーとして映像化され、「NHK特集・スポーツドキュメント『江夏の21球』」(1983年1月24日放送)、日本テレビ系「知ってるつもり? 逆に近鉄は球団初の日本一になるチャンスを逃し、以降も3度(1980年、1989年、2001年)の日本シリーズで全て敗退。そして2004年の球界再編問題でオリックスに吸収合併され、日本一になれないまま消滅した。 トップページ - 「無駄なこと」が生んだ“江夏の21球” 広島ob高橋慶彦氏が遊撃から目撃した衝撃 プロ野球アンテナ | なんJアンテナ なんJ wiki まとめ 用語 意味 説明 歴史 元ネタ 野球 5ch [ ホーム | 新規 | 編集 | 添付] Top > 江夏の21球? 1: 名無しさん 2019/01/06(日) 16:01:50.67 ID:Koqv/c0Wr だった21球で書籍が作られる奇跡 NPB NEWS@なんJまとめ : 江夏の21球という名著wwwwww アクセスランキング つーか江夏の21球が話題になったのは山崎なんとかのコラムからやろ 当時はヒヤヒヤ自作自演くらいのイニング扱いやろ 115 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2014/12/03(水) 19:44:02.77 ID:6oj8OuB80.net 67: 2018/07/27(金) 20:51:06.73 ID:/QcNC1Yq0. 以降、1995年日本シリーズにおける「小林の14球*1」、2011年日本シリーズの「森福の11球」など劇的な場面を凌いだケースにおいて擬えて使用される。, なんJでは投手がネタ方面で強い印象を残した際に「○○(投手名)の△△球(投球数)」と命名される傾向がある。, 広島の日本一はこの年が球団史上初だった。*10 !』と思った」と著書で語っている[51]。また山際の著書において「変化球でウエストする[注釈 15]などありえない」とする工藤の主張とは矛盾する石渡の証言が紹介されている上、伊東以外にも江夏は咄嗟の判断で投げるコースを変えることができるとする証言がある[52]。, 新日本紀行(ナレーション) - 女性手帳 - 教養特集 - 草燃える(ナレーション) - ニュースセンター9時 - NHKニュースワイド - 江夏の21球(ナレーション) - 諸君!スペシャルだ - 日曜ゴールデン特版 - 森本毅郎さわやかワイド - モーニングEye - JNNニュース22プライムタイム - そこが知りたい - 噂の!東京マガジン - ぴりっとタケロー - 悠々!お昼です - わいど!ウォッチャー - スーパーナイト - スパスパ人間学! 江夏の21球だっけ? 66: 2018/07/27(金) 20:50:59.39 ID:dp5gK4o/0. 1980年に文藝春秋のスポーツ雑誌「Number」の創刊号に掲載されて大きな反響を呼び、ドキュメント番組も制作されたことから、該当シーンを指して呼ばれるようになった。 ms 江夏の21球. 【田所龍一 虎番疾風録 Vol.49】江夏豊の21球…なんでスクイズ? 近鉄-広島の日本シリーズ(1979年) (1/2ページ) 2020.6.18 - EZ!TV→情報ライブ EZ!TV - グレートマザー物語, 森本哲郎 - 小島奈津子 - 中村あずさ - 吉瀬美智子 - 井崎脩五郎 - 清水国明 - 山口良一 - 笑福亭笑瓶 - 風見しんご - 深沢邦之 - 遠藤泰子 - 前田武彦 - 露木茂 - 徳光和夫 - 渡辺真理 - 梅津弥英子 - 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 小笠原保子 - 小島慶子 - 木村郁美 - 山西由之 - 田中和泉 - 磯崎洋三 - 日枝久, 当時、日本シリーズでは指名打者制がまだ採用されていなかった(初採用は1985年)。, 2009年発行の「なぜ阪神は勝てないのか?〜タイガース再建への提言」では、江夏が「翌年の開幕日に古葉にこのことの不満をぶつけ、古葉と急遽話した結果、和解した」と自ら述べている。, NHK特集でも、佐々木は「何がしたいと言ったら、もう一回この場面がしたいです」とコメントしている。, 二宮清純の「江夏の二十一球は十四球のはずだった」では、上田自身が「本当は早めに引き上げようと思っていたが、最後の最後までそのタイミングを計れなかった。判定は現在も誤審だと思っているが、選手には悪いことをしたと思っている」と認めている, 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月21日号24-25ページ「江夏の21球は本当だったんだと強烈な印象を受けた 伊東勤が語る最高峰の投球術」, https://news.goo.ne.jp/article/baseballonline/sports/baseballonline-097-20180904-12.html, 江夏豊×伊東勤(千葉ロッテマリーンズ)「なんでこんなに勝ってるんだ?」「それはですね……」, NHK特集 スポーツドキュメント 江夏の21球 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=江夏の21球&oldid=81166808, インコース低めのカーブ。平野はハーフスイングを取られてストライク。判定に平野が不満を露わにする。, 一走・吹石がスタート。投球は高めに外れボール。藤瀬の本塁突入を警戒して水沼は二塁へ送球せず。吹石盗塁成功。, 内角ギリギリ、佐々木のベルト付近のストレート。佐々木が強振してバウンドした打球は三塁線へ。三塁手・, 走者全員がスタート。石渡がスクイズの構えをする。水沼も立ち上がり、江夏は外した球を投げる。, 前の球と同じ球筋からインコース低めのカーブが食い込む。石渡、空振り三振。試合終了、広島初の日本一決定。, 6球目の直後、北別府と池谷がブルペンに入ったことで江夏は「信用してないのか」と憤っていた, アーノルドの代走で吹石が出る際に、西本は吹石へ「走るな(盗塁するな)」と言って送り出したという, 江夏が佐々木に投じた13球目は、佐々木ほどの打者であれば「楽に外野へ飛ばせる」ボールだった。それを見逃した、あるいは見逃さざるを得なかったことは佐々木にとっても近鉄にとっても痛恨で、佐々木はこのボールを見逃したことについて、後に「野球生活最大の後悔」と述べている, 14球目となった佐々木の三塁線への際どい打球について、江夏は「あのコースなら打ってもファウル」と確信していた。しかし、内野で弾んだ打球の判定は打球の着地点ではなく、ベース上の空間を通過していたか否かでの判定で、実際はかなり際どい判定だったと言えた。だが、近鉄の三塁コーチだった, 9回裏から三塁の衣笠が一塁へ回り、二塁で出場していた三村が三塁へ回ったが、背の低い三村が横っ飛びしても届かないファウルだったことから、もし衣笠がそのまま三塁を守っていたら衣笠は弾いてフェアとなり、近鉄が同点またはサヨナラ勝ち、捕れたとしても本塁への送球は不可能だったのではないかともいわれている, 15球目を投じる前に衣笠が江夏にかけた言葉は、「(信用されなければ辞めるという)お前の気持ちと自分も一緒だ。気にするな。中途半端にだけは打たれるな。思いっきり投げて打たれるなら良いじゃないか」だったとされる。さらに、「お前にもしものことがあったら、オレもユニフォームを脱ぐよ」と励まし、これで江夏は吹っ切れたという, 18球目を投じる前、打席に入った石渡を見て水沼は「明らかに緊張しており、スクイズで来るのは見え見えだった」と証言している, スクイズを外した場面について、古葉は「シーズン途中からこの様な事態を想定して、投手には変化球でウエスト, 山際が「カーブ」と記した21球目を、水沼は「渾身のストレートが、ミットをめがけて一直線に飛び込んできた」と自著に記している.