ヒヤシンス 花言葉 オレンジ


『初恋のひたむきさ』 1月20日、1月29日、2月25日、3月2日、5月25日 『sincerity(誠実)』(英) 二人にとって大切な結婚式。新郎新婦だけでなく、周りのゲストもハッピーにする「笑顔」の花言葉をもつ花を取り入れて、素敵なウエディングを挙げましょう! ウェディングブーケ、会場装花、両親への花束などにオススメの花たちをまとめてみました♪ 【花言葉】悲しい意味を持つ花5選! 【花言葉】悲しい意味を持つ花:キンセンカ. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 花に心があったら、自分の花言葉についてどう思うだろう?と、変なことが気になる変わった子供が、成長してライターやってます。花言葉の由来をヒモ解いていくと、花より人の心が見えてきます。花言葉を添えて花を贈るなんて、日本人にはハードル高い行為ですが、まあとりあえず、のんびりウンチクを楽しんでもらえれば幸いです。. 『sincerity(誠実)』(英), 日本でよく見る、茎の先端に小さな花がたくさん穂のように咲くヒヤシンスは、主にオランダで品種改良が進んだもので、, 欧州では、これとはまた別に、花の付きがもっとまばらな品種も出回っています。こちらは主にフランスで改良が進んだ品種群で、, 花穂も花も小さめですが、香りが強いものが多いです。ヒヤシンスは、グリーン系の上品な香りを持ち、花から抽出されるヒヤシンス精油は、非常に高価な香水の材料となっています。, ヒヤシンスの花名と花言葉の由来は、ギリシャ神話に登場する美少年ヒュアキントスの話から来ています。, “西風の神ゼピュロスの寵愛を受けていたヒュアキントスは、太陽神アポロンにも心を惹かれていました。, ある時、アポロンとヒュアキントスが円盤投げに興じているのを見たゼピュロスは、嫉妬心からいたずらに風向きを変えて、円盤をヒュアキントスの額にぶつけます。, が、当たり所が悪くて、ヒュアキントスは額から血を流して絶命してしまいます。ヒュアキントスの流した血の跡に咲いた紫色の花がヒヤシンスと呼ばれるようになりました。”, 『sorrow(悲しみ、悲哀)』(英) ヒヤシンスといえば、小学校の理科でやった球根の水栽培で育てた経験がある人も少なくないでしょう。青系の花色が一般的ですが、改良園芸種は、赤、白、ピンク、黄色、オレンジなど、バリエーション豊富で、ガーデニングでもよく見る花で […] 『心静かな愛』 ヒヤシンス:オレンジ1球植え3号ポット 2個セット:球根 ガーデニング・園芸用品の販売サイト。花 野菜 ハーブ バラ 果樹の種苗、鉢やテラコッタ、道具、肥料と土などの通販。豊富な品揃え。栽培ガイド等 美しく華やかで花束の贈り物に最適な「ダリア」と、その花言葉について紹介した記事です。ダリアの基礎知識、色別の花言葉など、由来にまつわる逸話などをまとめています。花束のプレゼントを検討している方は、色別の花言葉を参考にしてダリアを贈ってみてはいかがですか。 オレンジの花の花言葉は「純粋」「愛らしさ」「結婚式の祝宴」。 「純粋」「愛らしさ」「結婚式の祝宴」の花言葉は、西洋においてオレンジの花を花嫁の髪飾りにする風習があることに由来します。 オレンジの花の英語の花言葉は「purity(純粋)」「Your purity equals your loveliness(あなたの純粋さはあなたの愛らしさと釣り合っている)」です。 オレンジの実と木の花言葉もあります。 オレンジの実の花言葉は「美しさ」「優しさ」。 オレンジの木の花言葉は「寛大」「気前のよさ」です。 オレンジの … 『constancy(不変、節操)』(英) 『play(遊び、競技)』(英) 開花時期: 3~5月 春の花 花持ち期間: 4~7日くらい 『初恋のひたむきさ』 【ヒヤシンス(風信子)の花言葉】意味や名前の由来、種類、品種は? 2018年9月25日 HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap. 『悲しみを超えた愛』, ヒュアキントスの亡骸を見て、アポロンはたいそう悲しみ嘆いたといわれています。そのため、ヒヤシンス全般、特に紫系の花は, 『sports(スポーツ)』(英) ベゴニアは白色、赤色、ピンク、オレンジによって花言葉が違います。ベゴニアの花言葉は、「愛の告白の花」とも呼ばれ、花持ちが良く育てやすいベゴニアの花をプレゼントするのはいかがでしょうか。この記事では、ベゴニアの花言葉を紹介します。 4月はたくさんの花たちが冬の眠りから目覚め一斉に咲く、まさに春の最盛期です。そんな時期に咲くまたは咲いている花を、あなたはいくつ知っているでしょうか。今回は4月に咲く・咲いている花たちについて、それぞれの特徴や花言葉もまとめて紹介します。 『I’ll pray for you(あなたのために祈ります)』(英), 『変わらぬ愛』 別名: 錦百合(ニシキユリ) ヒヤシンスの花言葉とその「意味」や「由来」をご紹介します。実は花言葉の由来は悲しいギリシャ神話なんですよ。そのお話を詳しく解説しますね。そのほか「色別の花言葉」「花情報」「名前の由来」もお届けしますのでお楽しみに。 花言葉の「とても魅力的」「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」は、シルクのドレスような肌触りの花びらやその明るく鮮やかな色合いに由来するといわれます。 ラナンキュラスの誕生花. 黄、オレンジ、赤、ピンク、白などの花が咲かせる。オンシジュームの英名は「Dancing lady orchid(踊る女性の蘭)」といい、その可憐な姿から、「清楚」という花言葉がつけられた。 ≪オンシジュームの花言葉≫気立ての良さ 『控えめな愛らしさ』 『心静かな愛』, 『I’ll pray for you(あなたのために祈ります)』(英)     夜香蘭(ヤコウラン) ヒヤシンスの花言葉 【花言葉】遊技・勝負・ひかえめな愛・しとやか・初恋のひたむきさ 「紫」悲しみを超えた愛 「赤」嫉妬 「ピンク」スポーツ・しとやかなかわいらしさ 「白」ひかえめな愛らしさ・悲哀 「青」変わらぬ愛. 『あなたとなら幸せ』, 『rashness(無分別)』(英) ヒヤシンスといえば、小学校の理科でやった球根の水栽培で育てた経験がある人も少なくないでしょう。青系の花色が一般的ですが、改良園芸種は、赤、白、ピンク、黄色、オレンジなど、バリエーション豊富で、ガーデニングでもよく見る花です。, もともとはイランやトルクメニスタンなど、地中海東岸原産の球根植物です。16世紀にヨーロッパに伝わり、日本にはオランダ経由で江戸末期に入ってきました。たわわな花穂のビジュアルは日本人に好まれ、大正時代には、園芸種として流通するようになっていました。, 『sports(スポーツ)』(英) スプレーマムや西洋ギクとも呼ばれているポットマムですが、小さいお花がまとまって咲いているのが特徴です。地植えで栽培できるの... 今回はユリオプスデージーの特徴や育て方を紹介します。初心者でも育てやすく挿し木で簡単に数を増やしていけるので、栽培に挑戦し... ツルハナナスは白い星型の小花を次々に咲かせ、夏の庭を爽快に演出することで人気のつる植物です。しかし流通名と違うことや、似た... フランネルフラワーをご存知ですか?オーストラリアが原産のガーデニングフラワーで、花や葉がフェルトのようにふわふわとしている... オンファロデスは、ムラサキ科ルリソウ属の植物です。オンファロデスには青花のチェリーイングラムに代表されるカッパドキカと、白... 真夏の太陽に負けずに、元気よく鮮やかな花を咲かせるカンナ。とてもきれいだと思いませんか?カンナの種類っていくつあるの?カン... 「ナゴラン(名護蘭)」とだけ聞くと、少し聞き慣れない響きです。見た目はフウランとよく似ていますが、関係性はあるのでしょうか... 冬を代表する花のひとつ、シクラメンの育て方を詳しく解説します。こんもりとした葉っぱとシュッとした花のコントラストがきれいで... 夏植えの多年草・宿根草というと、季節的に難しい種類と思う人もいるかもしれません。夏の暑い時期に外での作業はつらいものですが... リビングストンデージーは、キクにも似た色とりどりの花が特徴のハマミズナ科の植物です。花壇を彩るこの花の華やかさが楽しめる季... あまり聞き馴染みのないリシアンサスという名の花ですがトルコキキョウやユーストマならばご存じの方も多いのではないでしょうか?... カートマニージョーは、主に北半球やニュージーランドを原産地とする植物です。多年草なので1年中咲き、「常緑クレマチス」とも呼... カーネーションは母の日のプレゼントとして贈られることの多い花で、ご存知の方も多いでしょう。近年は色も形も種類が増えました。... 一年草や二年草、多年草と植物にはそれぞれ育てられる期間があります。そこで今回は、一年草の特徴や手入れ方法、ガーデニング初心... スノーフレークは春の訪れを知らせてくれる春の花壇には定番の球根植物です。とてかわいらしい花を咲かせてくれるスノーフレークの... ブッドレアは小花が房のように集まった形の花が特徴的な木です。甘い香りに誘われて蝶が集まるので別名バタフライブッシュとも呼ば... キリシマツツジという花をご存知でしょうか。秋の紅葉にも引けを取らないほどの鮮やかな赤い花をつける春の花です。奥能登や京都な... ピンクや白など花色が豊富なアスチルベ。花言葉や特徴、育て方をご存知ですか?今回はアスチルベの特徴と育て方を紹介します。病気... カリフォルニアライラックは、美しい花姿と芳香で人気が高い北米原産の花木です。今回はカリフォルニアライラックの特徴や育て方、... セキチクという花をご存じでしょうか。かわいらしいピンク色の花色で、風水では恋愛運をあげるとされている花です。鮮やかであかる... サイネリアは安価で色も豊富です。花が少ない冬の時期に開花するので人気があります。サイネリアの特徴や、温度、日当たり、水やり... 「中国の花」といえば、何を思い浮かべますか?牡丹や蓮、梅など連想される花がいろいろありますね。では、「中国の国花」は何の花... 丸くボンボンのように咲き誇り、華やかでとても可愛らしいボンザマーガレットをご存知ですか?カラーバリエーションも豊富で鉢植え... 春になるとピンクや白の花を咲かせる桜は、日本人にとって最も馴染みのある花木ではないでしょうか。ところが、挿し木で増やすとな... 小さくてきれいな黄色が目を引くヒメリュウキンカ。とても丈夫な山野草です。湿潤な環境を好みますが、比較的どんな場所でも育てる... ハツユキカズラは葉色の変化が魅力で、寄せ植えから庭のグランドカバーにも使われる常緑のつる性植物です。育て方も日当たりから半... クンシラン(君子蘭)は古くからある大型の鉢花植物です。きちんとした手入れと育て方をすれば、毎年春には大変見ごたえのある艶や... 広い場所で咲き誇るイメージが強い桜が、鉢植えでも育てられるということをご存知でしょうか。実は桜は品種と育て方によっては、と... オステオスペルマム!一度見聞きしたくらいでは覚えにくい名前ですが、オステオスペルマムは、愛らしいキク科の花です。開花時期が... ベロニカオックスフォードブルーは、春先に濃いブルーの小さな花を咲かせる植物です。丈夫で育てやすくガーデニング初心者でも簡単... 世界バラ会議で選ばれる「殿堂入りのバラ」をご存知でしょうか。1976年から2018年までに選出された「殿堂入りのバラ」17... ナエマはバラ好きな方にとっては憧れともいえるバラの1つです。ピンク色の大きくてかわいらしい花はとてもよい香りを放ちます。そ... サクラソウは春を彩る花の1つです。可憐で可愛らしい花を一度にたくさん咲かせる様は、まさに春の到来を告げてくれます。しかし、... ガクアジサイは、小さな花に額縁のような装飾花をつける特徴があります。乾燥を嫌い水を好むため、日当たりと冬の置き場、水やりと... エキナセアは、夏の間長く楽しめる美しい花です。風邪や感染症予防のハーブとしてもおすすめ!ここでは、エキナセアの育て方や冬越... グリーンアイスは花色がピンクから白、そしてグリーンへと変化する魅力的なミニバラです。四季咲きで花つきも良く切り戻しをすると... コバノミツバツツジはミツバツツジの一種です。春に紫がかったピンク色の美しい花を咲かせます。見た目がミツバツツジによく似てい... 南アフリカ原産のバーゼリアの種類は、ピッコロ・エレガントライムなど豊富にあります。4月から5月に咲かせる小さな白い花が最大... ヒヤシンスの花言葉とは?色別の由来や花の特徴・開花時期も紹介!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。. 『遊び』 『loveliness(愛らしい)』(英) オレンジやイエローなど、太陽のような明るい色合いは、見ているだけで元気をもらえます。そのため、入学式用や結婚式でのブーケやフラワーアレンジとしても人気があります。 【花言葉】絶望の意味をもつ花:マリーゴールドはいつの誕生花なのか 独特の花姿とさわやかな香り、カラーバリエーションの豊富さで人気のヒヤシンスは、たくさんの花言葉を持つ花です。色別に付けられた花言葉や、その由来について見ていきましょう。原産地や香りといったヒヤシンスの特徴や、開花時期もあわせて紹介します。, ヒヤシンスはチューリップやパンジーと並び、春の花壇で活躍する球根花です。均整の取れた草姿、ボリューム感や強い香りで、花壇を華やかに彩ります。鑑賞の歴史は古く、昔から世界中で多くの品種が開発されてきました。, ヒヤシンスの原産国は、ギリシャやシリアを中心とした地中海沿岸~イランやトルクメニスタンのあたりです。園芸の歴史は非常に長く、古くから人々に愛されてきました。16世紀に活躍したオスマン帝国のムラト三世は、山に自生していたヒヤシンスを、なんと5万本以上もイスタンブールに集めさせたといわれています。ヨーロッパには16世紀前半、日本には江戸時代に渡来した花です。, ヒヤシンスという名前は、ギリシャ神話の美少年「ヒュアキントス」のエピソードが由来です。神話のエピソードから学名がつけられ、日本に伝わったときに「風信子」「飛信子」という漢字が当てられました。「風」は風に乗って香りが漂うことから、「飛」は「ひ」という読みがあるのが、それぞれの漢字が使われる理由です。英語では、「garden hyacinth(ガーデンヒヤシンス)」と呼ばれています。, ヒヤシンス全体に共通する花言葉は、「スポーツ」「ゲーム」「悲しみを超えた愛」です。躍動感のあるフレーズは、しっとりと控えめなヒヤシンスの花姿からすると少し意外かもしれません。ほかの花ではあまり聞かれない、めずらしい花言葉の背景には、とある美少年を主人公としたギリシャ神話のエピソードがあります。「悲しみを超えた愛」という花言葉も、悲しい結末を迎えた彼からイメージされたものでしょう。, ヒュアキントスは、太陽神アポロンと、西風の神ゼピュロスの両方から愛される美少年です。ヒュアキントスはゼピュロスよりも、アポロンに心ひかれています。あるときヒュアキントスとアポロンは、円盤投げをして遊んでいました。それに嫉妬して意地悪な風を起こしたのが、風の神であるゼピュロスでした。軌道の変わった円盤に当たり、ヒュアキントスは死んでしまいます。流れた血から咲いたのが、紫色のヒヤシンスの花です。, あざやかな色で目をひく赤いヒヤシンスの花言葉は「嫉妬」、シックで大人っぽい紫色の花言葉は「悲しみ」です。これらも全体に共通する花言葉と同様、ヒュアキントスのエピソードが由来します。どちらもギフトには不向きな、怖い印象を与える花言葉ですね。特に紫色は原種であり、ヒヤシンスの中でもポピュラーな花色ですが、贈りものには避けたほうがよいでしょう。ガーデニングシーンでは、アクセントカラーとして活躍します。, グリーンの葉とのコントラストもさわやかな白いヒヤシンスの花言葉は「控えめな愛らしさ」です。清楚なホワイトにぴったりの、優しい印象のフレーズです。一方、華やかで春らしいピンク色には、「しとやかなかわいらしさ」という花言葉がつきました。どちらも女性に贈るのにぴったりの、明るい雰囲気のメッセージです。, どちらか1色でシンプルにまとめるのはもちろん、白とピンクを束ねたブーケや、小ぶりの寄せ植えもおすすめです!, すっきりと涼しげな青いヒヤシンスは、「変わらぬ愛」という花言葉を持っています。恋人や配偶者へのギフトにふさわしい、情熱的なフレーズですね。青色に負けないくらい素敵な花言葉を持つのが、やわらかな色合いが魅力の黄色のヒヤシンスです。「あなたとならしあわせ」というメッセージは、相手への感謝やしあわせに思う気持ちが、ストレートに伝わりますね。どちらも色の濃淡で、雰囲気が大きく変わります。, ヒヤシンスは秋植えの球根花です。春になると次第に、太い茎をまっすぐ上に伸ばしていきます。草丈は20cm~50cmほどとあまり高くならないため、室内でも育てやすいのが魅力です。茎の先端を埋め尽くすように咲く小さな花は、ひとつひとつが星形をしています。花びらの一枚一枚が、くるんと反り返っているのもかわいらしいですよ。満開となった花茎は、大きな穂のようにも見えます。, ヒヤシンスは、香りを持つことも特徴です。特にピンクや赤といった花色を持つ園芸品種は香りが強く、香りでも季節の移り変わりを知らせてくれます。さわやかで甘酸っぱい、まるで青葉のような香りは「グリーンノート」と呼ばれています。この香りの成分は、香水や入浴剤、アロマオイルなどの香料としても人気です。, 花を贈るのが難しい相手には、ヒヤシンスの香りを使ったアロマグッズをプレゼントしても素敵です。, ヒヤシンスは花壇や鉢植えでの栽培はもちろん、土を使わない「水耕栽培」も可能です。ガラスのコップや深めの皿などと水、液体肥料があれば育てられます。だんだんと根が伸びていくようすを観察できることや、テーブルの上や玄関などの狭いスペースにも置けることがメリットです。デザイン性のあるものを容器に選べば、インテリアのひとつにもなりますよ。土を使って栽培するよりも、手間がかからないのも嬉しいですね。, ヒヤシンスの開花時期は2月~4月です。寒さの厳しい、雪の残るころから開花を始め、季節に先駆けて満開を迎えます。花壇がさみしくなる時期に開花するヒヤシンスは、冬のガーデニングの強い味方です。すっと伸びる花穂はスタイリッシュで、花壇の背景としても活躍します。かわいらしい小花やさわやかなグリーンノートが、まもなく訪れる本格的な春への気分を盛り上げてくれるでしょう。, 淡い水色の花が美しい品種がブルーアイズです。草丈は40cm程度とやや大きめで、ふくよかな香りも楽しめます。透きとおるような花色は、早春にぴったりのさわやかさです。株元にすっと伸びている、グリーンの葉とのコントラストも美しいですね。, オデッセウスはやわらかなオレンジ色の花を咲かせる品種です。ひとつひとつの花が大きく、甘い香りがします。オレンジ系の花の中でも、オデッセウスのような色合いの花はめずらしいですよ。黄花種の「シティ・オブ・ハーレム」とあわせるとさらにさわやかな雰囲気が漂います。, ピンクパールは春らしいピンク色の園芸品種です。小さな花がまとまって咲くようすが、可憐な印象を与えます。花色はイキイキとした濃いピンクのものから、ふんわりとした優しいピンク色のものまで、バラエティーに富んでいますよ。, 可憐な小花と甘酸っぱい香りが魅力的なヒヤシンスは、色によってさまざまな花言葉を持ちます。プレゼントとして贈るときには、相手の好みやイメージに加えて、花言葉も意識しましょう。くっきりとした赤や紫は印象的で素敵ですが、ネガティブなフレーズがついているため避けたほうが安心です。定番の青やふんわりとした黄色、ピンク色など、ポジティブな花言葉を持つ花色で、春らしいギフトに仕立てましょう。, 幼少期、母とふたりでつくった小さな花壇が宝物でした。季節の移り変わりを色とりどりの花で知るのがとても好きです。. 『勝負』, 『loveliness(愛らしい)』(英)     Common hyacinth 『ゲーム』 『スポーツ』 ヒヤシンスの花言葉は色によってさまざま。今まで知らなかった花言葉やエピソードを知ると、また違った贈り方ができますよね。そこで今回は、それぞれの色で違うヒヤシンスの花言葉の逸話や贈り方をお伝えします。 花色: 紫、赤、ピンク、白、青、黄、オレンジなど 『games(ゲーム)』(英) すっと伸びた茎に小さな花が穂のように咲くヒヤシンス。 『play(遊び、競技)』(英), 『控えめな藍らしさ』 『悲しみ』 ヒヤシンスの花言葉. あなたもお悔やみの気持ちを込めて大切な人に花を贈る時ってありますよね。 そんな時のために今回は「お供え・お悔やみ」の花言葉について調べてみました。 「お悔やみ」ドンピシャではないかもしれませんが、それに近い花言葉を探してみました。 『rashness(無分別)』(英), 『悲しみ』 『games(ゲーム)』(英) 『I am sorry(ごめんなさい)』(英) 花言葉の由来. ヒヤシンス全般の花言葉には 「スポーツ」「ゲーム」「悲哀」「悲しみを超えた愛」 などがあります。. ギリシャ神話によると、太陽の神アポロンと西風の神ゼフュロスの二人から愛されていた美少年ヒュアキントスが、アポロンと円盤投げで遊んでいました。 ヒヤシンスの花言葉と由来 『ヒヤシンス』はキジカクシ科ヒヤシンス属ですが、ユリ科に分類される場合もあります。 球根の多年草で、草丈は20㎝ほどになり、原産地はギリシャ・シリア・アジアで、暑さ … 独特の花姿とさわやかな香り、カラーバリエーションの豊富さで人気のヒヤシンスは、たくさんの花言葉を持つ花です。色別に付けられた花言葉や、その由来について見ていきましょう。原産地や香りといったヒヤシンスの特徴や、開花時期もあわせて紹介します。 冬から春にかけて咲く花のヒヤシンス。 12月~5月には出回っていますが、1番自然に目にすることが多いのが3月~4月ではないでしょうか? まだ寒いと感じる季節に咲く花ですね。 可愛らしく咲く花なのですが、プレゼントなどには花色によって注意が必要な花言葉もあります。 『変わらぬ愛』 『しとやかなかわいらしさ』 英名: Hyacinth 『悲しみを超えた愛』 『嫉妬』, ギリシャ神話の神々は、仏様のような悟りに達した人たちでもなく、キリスト教の唯一絶対の万能神やイエスのような慈愛の塊の諭す存在とも違う、良くも悪くも人間性に溢れたキャラクターです。時として即物的、利己的な側面をも持ち、煩悩だらけの彼らの群像劇は、人の世に置き換えてもいろいろ示唆に富む物語です。, 花言葉もまた、世相や人の心の機微を映すものです。ギリシャ神話がその由来の宝庫になっているのは納得できますね。, 分類: キジカクシ科ヒヤシンス属 『please forgive me(許してください)』(英), 『スポーツ』 花言葉:あなたとなら幸せ 原産:地中海沿岸 -育て方- 水はけがよく、日当たりの良い場所を好みます。ヒヤシンスは一定期間低温で育てることによって花をつけるので、水栽培でも凍らない程度の環境で育ててください。 『constancy(不変、節操)』(英) ヒヤシンスは色別にも花言葉が付けられていますが、全般的な花言葉として 「スポーツ」「ゲーム」「遊び」「悲しみを超えた愛」 というちょっと統一感が感じられないものが並びます。 これはヒヤシンスの花言葉がギリシャ神話のある話に由来しているためです。 『悲哀』 ヒヤシンスの花言葉. ヒヤシンス(ヒアシンス)の花言葉を日本語と英語(Language of flowers)でご紹介します。色別(紫、赤、ピンク、白、青、黄色)による花言葉と誕生花、出回り時期などの情報も! 『悲哀』 ヒヤシンスの花言葉における全般的な意味は、「スポーツ」「遊び」「ゲーム」「悲しみを超えた愛」です。 色別のヒヤシンスの花言葉 ヒヤシンスの花色は赤、ピンク、紫、白、青、黄、オレンジと豊富にあり、色別で異なる花言葉も存在しています。 『sorrow(悲しみ、悲哀)』(英) 和名: 風信子・飛信子(ヒヤシンス) あつ森(あつまれどうぶつの森)における、オレンジのヒヤシンスの作り方(咲かせ方)に関する記事です。オレンジのヒヤシンスの交配はもちろん、使い道も紹介しています。どうぶつの森Switchのオレンジのヒヤシンスについて知りたい方はぜひご覧ください。 『ゲーム』 ヒヤシンス全般の花言葉は「スポーツ」「ゲーム」「遊び」「悲しみを超えた愛」。 ヒヤシンスの開花時期は3月~4月。 ヒヤシンスは2月7日、4月11日の誕生花です。 黄色からオレンジ色の花が可愛いキンセンカ、花言葉は 「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」 など少し悲しい意味の言葉が多いようです。 商品番号 : kk-hs-ods1-0001nd: 販売期間: 2020年08月01日00時00分~2020年11月30日23時59分: 販売開始・終了前に通知を受け取る 草丈: 20cm前後 一年草 『しとやかなかわいらしさ』 『I am sorry(ごめんなさい)』(英)     Dutch hyacinth 『jealousy(嫉妬)』(英) ③ヒヤシンスを鉢植えで育てるポイントはなに? ④ヒヤシンスが枯れてしまう原因と対策は? ⑤ヒヤシンスの開花時期や季節はいつ頃なの? ⑥ヒヤシンスの花言葉はなに? ⑦ヒヤシンスの種類はなにがあるの? 以上7つの点についてお伝えします。     Garden hyacinth 『please forgive me(許してください)』(英) 学名: Hyacinthus orientalis ヒヤシンサス オリエンタリス 原産地: 地中海東部沿岸地域. 「ヒヤシンス」の花言葉は「スポーツ」「ゲーム」。 赤いヒヤシンスの花言葉は「嫉妬」。 白のヒヤシンスの花言葉は「控えめな愛らしさ」。 紫のヒヤシンスの花言葉は「悲しみ」。 青いヒヤシンスの花言葉は「変わらぬ愛」。 黄色のヒヤシンスの花言葉は「あなたとなら幸せ」。 ピンクのヒヤシンスの花言葉は「淑やかな可愛らしさ」。